世界遺産の社と国宝の社殿 平成27年・28年 第六十次式年造替

御修繕状況

中門(ちゅうもん)ならび御廊(おろう)(重要文化財26年度事業・平成27年3月竣工)
 本殿前に位置する中門ならび東西御廊は、日常の祭典奉仕を行なう大切な社殿です。中門は一間一戸の楼門であり、下層柱間はすべて開放、床は石敷き、天井は組入天井、上層は三間二間で、四方に勾欄付の木口椽を廻らし、正背面の中央間を板扉、他の間を連子窓となり、屋根は入母屋造り、檜皮葺となっています。正面に張り出した唐破風は便宜上近世になって付加したもので、これにより美観が向上し、加えて雨風の吹き込みを減らして祭典の利便のために考慮したものと考えられています。

中門・御廊
 また御廊は東西に五間づつあり、西の御廊は更に北折して北御廊となっています。古くこの御廊で社僧が読経を行っていた為、経所または一切経廊とも呼ばれていました。『奈良曝』には「興福寺の僧かわるがわるにこもり居て経をよみ、天下の御祈祷をいたす」と記されています。この御廊の創建は平安時代の寛治7年(1093)以前と伝え、現在の建物は第40次、江戸時代の慶長18年(1613)に造替されたものです。平安時代と全く変わらない佇まいを保ち、以後建て替えは行われず、屋根の葺き替え、朱の塗り替えを中心とする修理が行われてきました。

 今回、第60次式年造替事業の一環として平成26年9月より工事が始まり、平成27年3月27日執行される御本殿の外遷宮に間に合うよう修築が取り進められました。修築期間中、お正月が重なるため、年末までに中門ならび西御廊のご修繕を終え、そして一旦素屋根を撤去し、正月明けよりまた西御廊に連なる北御廊、また東御廊に素屋根がかかり、3月の上旬に予定通り竣工しました。春日を代表する中門と東西御廊の美しい景観が姿を現し、多くの参詣者は朱の色も鮮やかな社殿の瑞々さに目を奪われておいでの様子でした。

 この伝統的な文化財保存修理の様子を一般の方々にご覧いただく、東御廊造替工事現場見学会が2月7日から22日の16日間にかけて実施されました。神職や神社の職員が案内解説を担当、説明では東御廊の屋根面積は106㎡あるので、必要な平葺皮は6万枚、樹齢100年の檜の立木1,500本にのぼることなどが説明され(因みに、中門・各御廊を合わせた屋根面積は350㎡で、必要な平葺皮は20万枚、檜の立木5000本)、参加者はその手間と費用に驚きつつも、精巧な檜皮屋根の見事さに感動されていました。期間中、800名もの方々に間近に見学、伝統建造物修築に対する理解を深めて頂きました。

素屋根で覆われる中門 掻き落し再塗装が始まる中門

三角矢印 御造替工事のため素屋根で覆われる中門
 (9月25日)

三角矢印 掻き落し再塗装が始まる中門
 (10月21日)

中門屋根檜皮葺き替え 中門屋根檜皮葺き替え

三角矢印 中門屋根檜皮葺き替え(10月23日)

三角矢印 完了した中門屋根檜皮葺き替え
 (11月17日)

中門上層部分 西御廊 平葺き部分

三角矢印 塗替えが進む中門上層部分(11月17日)

三角矢印 檜皮葺きが完了した西御廊、平葺き部分
 (11月17日)

中門・西御廊 野地板の補修

三角矢印 迎春のため一旦素屋根が取り外される中門・西御廊(12月13日)

三角矢印 東御廊檜皮葺き替え開始・野地板の補修(27年2月2日)

見学会の様子 漆喰補修

三角矢印 東御廊造替工事現場見学会の様子
 (2月17日実施)

三角矢印 北御廊亀腹部分の漆喰補修
 (2月25日実施)

東御廊 中門・東西御廊

三角矢印 改修を終え素屋根が取り外される東御廊
 (3月6日)

三角矢印 美しく竣工した中門・東西御廊
 (27年3月11日)

いちのとりい いたくら
一ノ鳥居 (重要文化財/平成19年度) 板倉 (重要文化財/平成24年度)
くるまやどり へいでん
車舎 (重要文化財/平成20年度) 幣殿 (重要文化財/平成25年度)
なおらいでん うつしどの
直会殿 (重要文化財/平成21年度) 移殿(重要文化財/平成25年度)
ちゃくとうでん ねじろう
着到殿 (重要文化財/平成23年度) 捻廊(重要文化財/平成25年度)
ほそどの・かぐらでん ちゅうもん
細殿・神楽殿 (重要文化財/平成23年度) 中門 (重要文化財/平成26年度)
はいのや おろう
拝舎 (重要文化財/平成23年度) 御廊 (重要文化財/平成26年度)
へついどの ほんでん
竈殿 (重要文化財/平成21年度) 本殿(国宝/平成27〜28年度)
さかどの ほうこ
酒殿 (重要文化財/平成23年度) 宝庫(重要文化財/平成28年度)

ホームご利用条件プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ

春日大社 〒630-8212 奈良市春日野町160   電話:0742-22-7788 FAX:0742-27-2114
Copyright (C) 2009 Kasugataisha. All Rights Reserved.